ダイバーシティ推進活動

社員一人ひとりがその多様な個性を今以上に発揮することが、新しい価値を創出し、
生産性を向上させ、競争力を高め、持続的な成長につながるとの考えから、
当社は、ダイバーシティ(多様性)の推進を「経営戦略」と位置づけ、2014年11月にダイバーシティ推進方針を策定しました。
一人ひとりがお互いの個性や特性を認め合い、多様な価値観を活かし、皆が自由闊達にモノが言える環境の中でクルマへの想いと
情熱をお客様視点でカタチに創り出していく。そんな仕事に生き生きと取り組み、
お互いが切磋琢磨して成長が実感できる組織風土づくりに取り組んでいきます。
ダイバーシティには性別、障がい、年齢、国籍、価値観やライフスタイルなど様々な要素がありますが、
「男女協働推進」「グローバル化への対応推進」「障がい者の活躍推進」「シニア社員の活躍推進」を重点施策として取り組み、
「社員の働きやすさ・働き甲斐」と「企業価値向上」を両立させていきます。

ダイバーシティ推進方針

社員一人ひとりがお互いの個性や特性を認め合い、
従来と違った視点やアイデアを施策に活かして、企業価値を高め、新しい顧客価値を創出する。

We recognize all of our employee's personalities and attributes that make the most our non-traditional
ways in thinking, this enhances our corporate value within and helps create new and lasting customer values.